漢方オンライン相談を受診(頭痛)

あれやこれやな日々

漢方オンライン相談を受けた

漢方のオンライン相談を受けました。
相談内容は頭痛。

片頭痛もちです

私は20代半ばごろから16年来の片頭痛もちです。
頭痛外来で片頭痛の処方をもらって、片頭痛とお付き合いをしています。

毎月生理のタイミングで頭が痛くなり、その後2,3日は頭が痛いです。
片頭痛薬を飲まないと痛みで嘔吐をしたりと大変なので、片頭痛薬は欠かせない存在です。
薬を飲むと、痛みが薄れると同時に全身がだるくてしんどいけど、何とか日常生活を送ることができます。

だから、片頭痛薬には本当に助かっています。この薬のおかげで少ししんどいけど、何とかなっています。
でも、やっぱり、根本的に治ると良いなとずっと思っていました。
グルテンフリー、食いしばり矯正、いろいろ試しているものの根本的な解決はしていません。

そんな中、以前から気になっていた漢方の治療を受けてみることにしました。

初めての漢方&オンライン相談(頭痛)

漢方の相談も初、オンライン受診も初でした。
漢方コンサルタント櫻井 大典さん

きっかけはコーチングプレイス仲間の紹介から。
漢方は興味があったものの、なかなか踏み出せませんでした。
でも、すごく良かったと背中を押してもらって、受診をすることに決めました。

初診は60分。
頭痛の症状から始まり、食生活、睡眠、生理、などいろんなことを話しました。

自分の体に無自覚だった

櫻井先生から質問されて答えていくのですが、自分の体のことなのに、どうだっけ?と思うことが多々。

私ってお腹すいてご飯食べている?
お手洗いは1日何回行ってたっけ?
水分はどれくらい飲んでるっけ?
目覚めはどんな感じ?
生理の様子は?
PMSは? など、分かっているようで、他人に言葉で伝えようとすると、不明確なことだらけ。我ながらびっくりです。

一般論はたぶん無い。

また、先生と話をしているうちに、万人に共通する常識(水分はこまめにとる。○○は体に良い。)は無いんだな、という気もしてきました。
確かに冷静になって考えると、みんな体格も体質も状態も違うのに同じ方法は無いですよね。
それなのに、この方法が良いと聞いたら取り組んで、結果が出なければ落ち込んで、、っていう生活を何の疑いも無くおくっていました。

とりあえずbetter or good から進む。

あっという間に60分の診察が終わり、2種類の処方を出してもらうことになりました。
1か月分の2種類の漢方薬は安くはないので、一瞬、他のところも比較検討しようかな。という気持ちにもなりました。
でも、bestを探して、時間や気力を使うよりは、とりあえずbetter or good な選択肢を試していくことを今回は選びました。(手術とかのリカバリーの難しい選択はセカンドオピニオンなども大切と思います。)
試してみて、効かなければ、take2,take3やれば良いのだけのこと。少しお金はかかるけど、それで頭痛に有効な方法が見つかるなら御の字かと思います。

お薬は明々後日郵便で届く予定です。
とりあえず1カ月飲んでみて、様子を見て見ようと思います。

自分メモ
この1カ月気にしておくこと
  • 夜21時までにご飯を食べよう
  • 喉が渇いたら水を飲む。
  • 自分の体に注目する
    •  水分摂取量。(喉が渇いたら飲む)
    •  お手洗いの回数
    •  生理のときの経血の状態
    •  生理のときのPMSの状態
その他

私は頭を使いすぎている、頭を休める必要がありそうというフィードバックをもらいました。固まっている印象みたい。
実は、私自身が他人に対してそう思うこと、けっこうあるんです。自分もそういう印象をもたれているとは。自分の事は自分では全く見えないものですね(;^_^A

玄米は排出効果が高いので、エネルギーが少ない人には向いていない。(痩せがち)食べたければ部付米がおススメ。(これは玄米定期購読しているからすぐには試さないけど備忘録として書く。)

タイトルとURLをコピーしました